2017 05 ≪  06月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 07
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本復興計画
- 2011/04/20(Wed) -
久しぶりの更新です。

ようやく、先週末に講習会が終了しました。
残念ながら、今年は10名程度の参加で、少し寂しい感じでした。
内容は、前年より少し変えて、「技術士と何か」についてメッセージを込めたつもりです。
それよりも、合格できるテクニックを教えてよ、という意見もあるかもしれませんが、
それは、することは簡単ですが、真意ではないです。
その気持ちを忘れずに、これからも指導を続けます。

京都大学の藤井教授が、地震の復興に大して強烈なメッセージを発しています。
参議院でも熱弁をふるったようです。

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201101-201106/presentation/20110323fujiilab_plan.pdf

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/121-sanngiin.html

「コンクリートから人へ」の政策によって、事業仕分けがなされ、事業が凍結したことによって、
より多くの人名が亡くなったかもしれません。
また、公共事業を縮減しなければ、もっとたくさんの方々が助かったかもしれません。
想像をはるかに超えた大災害であり、現在の土木技術では太刀打ちができなかったのかも
しれませんが、それでも、少しは尊い命を救えた可能性はあります。
賛否両論はありますが、
少なくとも、お金をバラまく政策は、国家が行う政策ではないと思います。
もっと大きなビジョンがあれば、このような目先しか見ていない、人気取りのような
愚作はでてこないでしょう。
大きなビジョン、長期的な視野に立った判断ができなければ、政治家とは言えないですね。
建設業界の立場でいれば、藤井教授の意見には大賛成かと思います。
政治家などの私利私欲がそこにはびこるために、「国家を作る大切な事業」が汚されているのではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
冬間近
- 2010/11/22(Mon) -
今日は、急遽帰省しました。
ほとんど日帰り。
昨日というか、今日の夜中に家について、寝たのはたぶん1時過ぎ。
金沢には先程到着しました。

それというのも、アパートに駐車場がなかったからという理由。
でも、しっかりと、家の仕事ができました。

畑とその周りの水路の草刈。
冬の間に、用水にゴミなんかが詰まってあふれないように、きちんと掃除
しないとダメなんです。

それと、庭の木々の冬囲いもしました。
完成はしていませんが、60%くらいはできましたね。
来週末は帰省できないので、次に帰省するときには完成です。
あとは、融雪のための配管もしないといけません。
田舎の冬仕度はほんと、大変なんです。
雪の降らないところに住んでる人がうらやましい。
雪国での生活は、いろんなところでよけいな出費がたくさんあります。

家の窓から見える八海山もすっかり冬色になっています。
どこの家も、大根と白菜の収穫。保存のために軒下に干してあります。
大事な冬の間の保存食なんです。
昔の人たちの知恵ですよね。
化石燃料を使って、季節はずれの野菜を作ることは、生活をゆとりあるものに
しているけど、決して省エネルギーではないし、Co2の排出につながっているのです。
消費者がそういうところを理解して、季節のものを自らが保存することや、地産池消が実現
できれば、環境面では良いことなんでしょうね。

まあ、今日はいい天気でした。
我が家の、太陽光発電も最後のがんばりかな?
売電価格が上昇したので、ずっと電気代はゼロなんですが、
いよいよ、融雪のために、莫大な電気料を払う時期がきてしまいました。
もっと、たくさん発電してくれるといいんですけどね。

さて、洗濯も終わったので、片付けて寝ます。

明日は、弟子たちのために、体験論文に対する質問を作ります。
あと、2週間後には口頭試験です。
今日もがんばっているかな?
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
入試発表
- 2010/03/14(Sun) -
今日は、次男の高校入試の発表の日です。
午後1時から発表のようです。
たぶん、大丈夫と思っていますが。あまりできが良くなかったみたいなので、
不安はあります。
2名の定員オーバーなので、大丈夫とは思いますが......
昨晩は、合格祝いの意味もあって、夕食を少し豪華なものにしました。
次男の大好物の鳥の唐揚とエビフライでしかないのですが、
量だけはたくさん作りました。
思えば、唐揚を作ったのは初めて?では。
結婚してから、料理洗濯はいっさいしなかったので.....
まあ、おいしく食べてくれたのでは、と思っています。


親戚の不幸があって、10日から実家に帰省しています。
11日に通夜をして、12日に告別式を済ませました。
我が家が本家なので、式の司会等をしないといけないので、
なかなか大変なのです。
田舎の冠婚葬祭は、家での振舞いが多いので、大変です。
全て葬祭業者にまかせれば、簡単なのでしょうけれど、
だから、家のつくりも座敷や茶の間が広くつくってあります。
我が家もあわせて22畳、リビングをあわせると、28畳の和室になります。
今はなくなりましたが、お念仏といって、集落の全員があつまる儀式もあります。
そうすると、60名が家に集まることになるのです。
小さな家ではとてもできない儀式です。


この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
完成模型
- 2009/06/10(Wed) -
今日ももう10:00になってしまった。
今日、水曜日はノー残業ディと称して、一応、早めに切り上げる日なのであるが、
私は、あいかわらずの生活を続けている。
去年までは、ソフトバレーを地元のママさんたちとやっていたのだけれど、
去年の暮れからは、忙しさに負けてさっぱりと参加していない。
今日は、事務所に帰ると所長が私の椅子に腰掛け、さあ帰ろうと言うのであるが、
業務は山ほどあって、なんとか断ることができた。
今の現場は、下の写真のようなダムを作るのであるが、高さ50m、幅200mと
ダムとしては小さいほうらしい。
何でこんなに難しく忙しいのかと、自分なりに考えると、
半河締め切り工法であることと、普通ならありえない、河川の上流部の整備があることでは
ないかと思う。
このダムは治水専用のダムで、普段は水を貯めない構造になっている、いわゆる穴開きダム
なのだ。(写真の真ん中の穴)
この穴でさばききれない降雨があったときだけ、水が貯まることになる、珍しい形式のダムなのだ。
現場は、ようやく、この穴の高さ位までコンクリートが打ち上がってきた。
定礎式も8月末頃の予定であり、いよいよ、その姿はっきりとしてきて、見学するにふさわしい
姿を現してくる。





今日は、これから、追加になった掘削部分の土量の計算をしなければ。
図面を何枚か書いて、面積をCADで拾って、エクセルで計算して.......
明日になってしまうかな---------
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
バレンタインデー
- 2009/02/24(Tue) -
先週は、バレンタインデーでしたね。
これは、現場事務所の事務員さんからいただいたもの。
週末だったので、帰省してからいただきました。
でも、完食せずに置いてきてしまいました。
だれかたべたかなー?

バレンタインデー

かみさんからは、豪勢な1合ビンの焼酎のセット。
大きすぎて金沢には持ってこなかったけど、次回の帰省には、もってくる予定。
普段、焼酎はあんまりのまないのだけど、
金沢にきて、芋焼酎の味を知ったら、なんとなく良い感じ。

芋焼酎は、悪いイメージがあって、高専の同級生が
和歌山だったかに研修に行ったときに飲まされて、ゲロ吐きまくったという逸話が
芋焼酎だったらしい。
確かに独特のにおいが、酒を飲み始めたばっかりの頃はきついんだろうと思う。
とはいっても、買ってまで飲みたいと思う酒でもない。

今日はもう遅いし、連日の大残業でへとへと。
昨日は12:30にアパートへ帰って、夕飯も食べれず風呂も入れず寝た。
次回は、好きなワインについてです。
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。