2011 02 ≪  03月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2011 04
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
技術士講習会
- 2011/03/25(Fri) -
社内の技術士講習会開催日が近づいている。
総監は、今日が出席締切日らしいが、1名の希望者しかいないらしい。
もっとも、技術士をとってからしか受験できないので、
技術士自体が少ないので、参加希望者も少ないのはあたりまえのことだ。
しかし、総監の考え自体は、技術士という枠を超えて、
マネジメントに関する業務を行っている方々には、参考になるのではないかと思う。
そもそも、建設会社だからといって、技術系だけから技術士を輩出しようとする考え方
でなく、管理系からもそれに関する部門でチェレンジしてもいいのではないか?

建設部門の希望者は何名いるのだろう。
過去の出席者には、周りに声を掛けてほしい旨のメールをしたのだが、
効果はないのだろうか?
やはり、上司が積極的に部下を参加させようとする雰囲気が大事だ。

講師側としても、毎年同じ内容をやっていたのでは、参加してもらう意味がなくなる。
やはり、グレードアップしていかないとだめだ。
それには、本当に、時間がほしい!!!!
スポンサーサイト
この記事のURL | 技術士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
電気の未来
- 2011/03/20(Sun) -
大地震のために、原子力発電所が大打撃を受け、廃炉となる可能性が高まっている。
関東を中心とした大規模停電計画や、東北電力管内も同様な計画が実施されようとしている。
電力業界では、需給を踏まえた計画的な定期的な点検整備を考慮した運転がされているのだろうから、
急な事態に対応が難しいのだろう。
また、東西の周波数の違いも、このような緊急事態の時には決定的な致命傷となっている。
これも、「電気」が保存できないという性質がゆえにおこることであり、無尽蔵に貯蔵できるのであれば
こうした災害に備えることができるのに。
しかし、今の送電技術では、こうのような大規模広範囲な災害には対応できないだろう。
地中電線化も見直されるかもしれない。
無線での需給技術、システムの実現、太陽光を利用した宇宙空間での発電技術など、
電力業界も、危険原子力の頼らないような技術開発を優先的に進めるべきではないのか。
夢のような話かもしれないが。

阪神大震災、中越大震災など、かつての教訓を活かし、経験をつんだ方々が
たくさん現地へ乗り込んでいることと思う。
私自身も、水道から下水、ガスパイプラインの施工にも長く携わっているので、
復旧活動へ参加したいものだ。
中越地震での川口町での復旧活動が思い起こされる。
ライフラインは、人の生活には無くてはならないものであり、特に女性にとっては
それが無いことは、何よりも耐え難い苦渋な生活を強いるものとなっていると思う。
水と風呂、そしてトイレの供給がまずは急務だ。

遠く、金沢からできる限りの応援をしたいと思っています。
許せるのなら、かけつけたいのですが......
この記事のURL | 太陽光発電 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
自然の驚異
- 2011/03/19(Sat) -
信じられないほどの惨劇。
自然の力を見せ付けられた感じ。
いかに、人間が無力か。
これほどの力に耐えうる土木構造物は作れるのだろうか?

人々の生活を守れる構造物を作れなかった、我々土木技術者は、
この教訓を活かすことが、亡くなられたたくさんの方々に報いることだと思う。

1日も早く、今までの生活に戻れるよう願っています。
この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
大地震
- 2011/03/12(Sat) -
想像を絶するような大地震とそれに伴う津波が東北地方を襲った。
テレビ映像を見ていると、まるで映画を見ているようで、
これが、現実に日本で起きていると思うとぞっとした。

地震がおきたときは、上越にいたのですが、ゆっくり振幅の大きな揺れが
ものすごい長い時間続いた。
あまりに長く大きいので、建物の外へ逃げた人もいた。

そして、今朝は実家の魚沼で.....
あわてて飛び起きて.....
書院棚に飾ってあったものが数個落ちていました。

十日町でななだれ....
いつもは、早朝に通る道....
もしかすると、巻き込まれたかもと思うと、
運がよかったのかも。

この記事のURL | 日記 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
今年の社内講習会
- 2011/03/08(Tue) -
今年も社内の技術士講習会の時期がきた。

今日掲示板で案内が公開されたが、果たして何名参加してくれるか。
一応、過去に参加した方々には、再度参加のメールも流したが.....

今年の講師は、私を含めて全て総監・建設取得者となった。
建設部門は、各々専門は違うのであるが....

今年で3回目。少しは内容に変化をつけたいのであるが、
なかなか、時間が取れない。
一般的な内容より、独特なコツみたいなところを伝授したいのであるが、
それは、個人的なところもあるので、ダメなのか?

来週からは、夜間も始まるので、尚更厳しい状況になりそうで.....
自分の受験準備もどうなのか?
この記事のURL | 技術士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
合格発表
- 2011/03/04(Fri) -
今日は、技術士2次試験の合格発表でした。
昨日、後輩達にメールしようと思っていたのですが、すっかり忘れていました。

今朝は、5時30分頃起床したので、アパートでネットを見ました。
でも、彼らの受験番号が解らずあたふたと......
やっと、添削した時の資料を見つけて.....
無事合格してました。

出社してからは、合格メールが来ましたね。
総監含めて3名が合格しました。
講師を始めてから2年。結果が出るようになってきました。
今年も2名くらいは合格してほしいです。
期待できる受講生を探すことも、講師の仕事かと。
テキストも大改定をしないと、毎年出席してくれる受講生に失礼ですね。
講師もスパイラルアップしていかないと、意味がありません。
今日は、少しリッチに乾杯したいのですが......
何時に帰れるか.......

この記事のURL | 技術士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。