2017 08 ≪  09月 123456789101112131415161718192021222324252627282930  ≫ 2017 10
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
日本復興計画
- 2011/04/20(Wed) -
久しぶりの更新です。

ようやく、先週末に講習会が終了しました。
残念ながら、今年は10名程度の参加で、少し寂しい感じでした。
内容は、前年より少し変えて、「技術士と何か」についてメッセージを込めたつもりです。
それよりも、合格できるテクニックを教えてよ、という意見もあるかもしれませんが、
それは、することは簡単ですが、真意ではないです。
その気持ちを忘れずに、これからも指導を続けます。

京都大学の藤井教授が、地震の復興に大して強烈なメッセージを発しています。
参議院でも熱弁をふるったようです。

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/images/stories/PDF/Fujii/201101-201106/presentation/20110323fujiilab_plan.pdf

http://trans.kuciv.kyoto-u.ac.jp/tba/index.php/b4/job/121-sanngiin.html

「コンクリートから人へ」の政策によって、事業仕分けがなされ、事業が凍結したことによって、
より多くの人名が亡くなったかもしれません。
また、公共事業を縮減しなければ、もっとたくさんの方々が助かったかもしれません。
想像をはるかに超えた大災害であり、現在の土木技術では太刀打ちができなかったのかも
しれませんが、それでも、少しは尊い命を救えた可能性はあります。
賛否両論はありますが、
少なくとも、お金をバラまく政策は、国家が行う政策ではないと思います。
もっと大きなビジョンがあれば、このような目先しか見ていない、人気取りのような
愚作はでてこないでしょう。
大きなビジョン、長期的な視野に立った判断ができなければ、政治家とは言えないですね。
建設業界の立場でいれば、藤井教授の意見には大賛成かと思います。
政治家などの私利私欲がそこにはびこるために、「国家を作る大切な事業」が汚されているのではないでしょうか。
スポンサーサイト
この記事のURL | その他 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<受験申込 | メイン | 技術士講習会>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://heisuke2.blog15.fc2.com/tb.php/143-3dab7936
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。