2017 09 ≪  10月 12345678910111213141516171819202122232425262728293031  ≫ 2017 11
スポンサーサイト
- --/--/--(--) -
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
体験論文について
- 2009/10/02(Fri) -
合否発表まで残り3週間程度となった。
合否にかかわらず、技術的体験論文を仕上げようと思っているのであるが、
なかなか、進まない。
そもそも、自分の経験が少ないことに気が付いた。
というか、下水道に関してここ最近業務を行っていないのだ。
書くことがあまりに古過ぎないか心配になってきた。
もう一つ気になることは、どうしても、視点が施工計画的になってしまいがち
ではないかと思う。下水道部門なのであるから、施工においても設計的な
視点での論文が求められるのではないか?
建設部門の時の論文を少しアレンジしようと思っているのだが、その辺が
いま一つはっきりしない。
どなたかアドバイスをお願いします。

最近、業務の中で、検討書や提案書を作成する機会が増えてきた。
それはそれで、大歓迎であるのだが、いかんせん、時間が足りない。
現場を見ながら、測量もやって、尚且つ、役所との交渉や打ち合わせ、おまけに
提案書などなど.....
時間がいくらあっても足りない。
現場を見る必要がなければ、あっという間にできるんだけど。
今も、設計変更からみの提案と根拠付けの書類が3件ほどたまっている。

明日は、久日ぶりに会社の先輩後輩と3人での飲み会だ。
二次会は、近所にスナックみたいな店を発掘したらしいので、そこに行くみたい。
今週末は、しっかり休んで論文作りたいと思ってます。
スポンサーサイト
この記事のURL | 技術士 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<合否発表と経験論文 | メイン | 岩盤検査>>
コメント

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://heisuke2.blog15.fc2.com/tb.php/56-e1882579
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。